カテゴリー別アーカイブ: ルーター

WiMAXルーターの選び方

WiMAXのルーターには様々な機種があって、どれを選ぶか悩みますよね。そこで、今回はWiMAXルーターをまとめてみました。

まず、最新端末のWX01を紹介します。WX01は3月に発売されたばかりの最新端末です。特徴は、なんといってもキャリアアグリゲーションが使えること。キャリアアグリゲーションというのは、従来はWiMAXの最新速度は110Mbpsですが、キャリアアグリゲーションを使うことによって倍の220Mbpsの速度を実現しています。キャリアアグリゲーションは、4*4MIMOという技術を使用して実現しています。重さは97gと非常に軽く、持っていても全く重さを感じません。他のWiMAX端末とくらべても非常に軽い端末です。同時接続数はWi-Fi機器が10台同時に接続することができます。なので、家族で使うにも適しています。

家で据え置きとして使うには、クレードルを使うのが良いと思います。WiMAXは高速通信が可能で、もともと110Mbpsの高速通信が可能ですが、WX01ならさらに高速通信が可能です。220Mbpsという2倍の速度での通信が可能です。なので、家で固定回線として使うことが可能なのです。

次に、ライバル機のW01について説明します。W01は2015年発売の最新機種で、WX01のライバル機です。W01もキャリアアグリゲーションが使える機種です。W01は重さは113gで、WX01よりも少し重いですが、あまり気にならない重さだと思います。バッテリーは8時間持ち、旧機種のHWD15は10時間持つので、少しバッテリーが短くなっています。しかし、普通に使うなら十分でしょう。W01も最大10台の同時接続が可能で、家族で使うこともできます。

旧機種のHWD15も紹介しておきます。旧機種の場合、安く手に入れることができたり、プロバイダーによってはキャッシュバック額が増えたりすることもあるので、HWD15を選ぶメリットも十分あると思います。また、先程も書きましたがW01、WX01よりもバッテリー持続時間が長く、10時間持ちます。最新機種に劣る点としては、キャリアアグリゲーションが使えないので最大速度が110Mbpsしか出ないことです。しかし、110Mbpsでも十分高速といえると思います。重さは140gで、上記2機種よりも少し重いです。同時接続数は10台で、これも固定回線代わりに使うのに適しているといえるでしょう。

NAD11も旧機種ですが紹介しておきます。NAD11はWX01と同じ会社が作っている端末で、NAD11の後継機です。軽さが売りの端末で、約81gという超軽量端末になっています。動作保証環境は5~35度で、寒い地域に住んでいる人は結露に注意してください。充電時間は150分で、2時間半で充電完了することができます。この端末も、古い機種ですがオトクに手に入れることが出来る場合があり、選ぶメリットは十分にあると思います。